• ホーム
  • 水疱がある状態の性器ヘルペスは感染力が強いので人にうつさないようにしよう

水疱がある状態の性器ヘルペスは感染力が強いので人にうつさないようにしよう

性器ヘルペスになってしまったときは、他の人に感染させる可能性があることを意識して生活しなければなりません。特に家族やパートナーと生活を共にしている場合は、思いもよらないことが原因で病気をうつしてしまうことがあります。水疱がある状態の性器ヘルペスは感染力が強いという特徴があるので、発症してしまったときは周りにうつしてしまうことがないように注意して生活するようにしてください。

この病気は感染力が強い病気のひとつだと言えますが、まずは性行為によって感染することが多いです。コンドームを装着せずにセックスやオーラルセックス、アナルセックスを行ってしまうと、相手の体内に原因ウイルスが侵入して病気になる可能性があります。膣内やアナルに挿入しなければ大丈夫だと勘違いしている人もいるようですが、皮膚の傷口や粘膜からウイルスが入り込んでしまうので、オーラルセックスや接触でも感染することを知っておきましょう。

性行為をするときには相手と肌を密着させることが多くなりますが、性器以外の皮膚にもウイルスが付着していて感染させる可能性があるので、性器ヘルペスを患っているときはできることなら接触自体をなるべく避けるほうが良いと言えます。

性器ヘルペスは性行為でしか感染しないと思っている人もいるかもしれませんが、それ以外の感染経路でもうつることがあるので注意が必要です。たとえばシーツやタオルなどにウイルスが付着していると、同じ場所で寝た家族やタオルを共用した人が感染する可能性があります。もしも性器ヘルペスを発症しているのであればタオルや下着、シーツなどは共用しないなど徹底しておかなければ、家族やパートナーを病気にしてしまうことがあるでしょう。性行為以外の感染経路でも病気がうつるので、小さな子供などに感染するリスクがあることを理解しておくことが大切です。

水泡がある状態の性器ヘルペスは特に感染力が強いという特徴がありますが、これを知らなければ軽率な行動からパートナーや家族などの大切な人に病気をうつしてしまう可能性があります。感染力が強い性器ヘルペスを大切な人にうつさないようにするために、まずは感染経路について学び、うつしてしまうような行動をとらないことを心がけてください。性器ヘルペスにならないように予防することも大切ですが、感染してしまったのであれば被害を拡大させないように意識して行動することが大切だと言えるでしょう。