• ホーム
  • 性病を病院で診てもらう場合に何科を訪れるべきなのか分からない方へ!

性病を病院で診てもらう場合に何科を訪れるべきなのか分からない方へ!

性病を患ってしまった場合は病院で診察してもらうことが大切だと言えますが、どのような病院に行けば良いのか分からない人もいるでしょう。インターネットなどで調べても良く分からなかったり、推奨されている科が身近になかったりすると困ってしまうものですが、性病であることを知られたくないという思いから家族や友人などに相談できない人がほとんどです。しかしながら、どのような診療科に行くべきか分からないという理由で病気を放置してしまうと、症状が悪化して取り返しのつかないことになる可能性もあるので注意が必要だと言えます。症状や性別によって選ぶべき科は異なってくるので、それぞれ何科を選択するべきか知っておくようにしてください。

まず、性器に症状が見られる場合は性別に関係なく性病科を受診することで適切な診察を行ってもらうことができるでしょう。ただし、地域によっては身近に性病科がない場合もあるので、そのときは男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科を訪れるようにすると良いです。
クラミジアや淋菌、ヘルペスなどのいくつかの性感染症は口内にも症状があらわれますが、口内だけに症状がある場合は耳鼻咽喉科で検査や診察を受けることができます。ただし、性器にも症状がある場合は耳鼻咽喉科では不十分なので、性器を診てもらうことができる医療機関を受診してください。

性行為以外で感染する恐れがあるトリコモナスやヘルペスなどの病気は子供が感染してしまうこともありますが、この場合は小児科でも診察してもらえる可能性があります。子供をいきなり性病科で診てもらうことに抵抗がある場合、まずは小児科を訪れて必要に応じて性病科や泌尿器科などを受診しても良いでしょう。このように症状や性別などによって行くべき医療機関の種類は異なってくるので、状況に応じて正しい病院選びができるようにしておいてください。

性感染症になってしまったときに、まずは何科を訪れるべきか分からずに困ってしまう人は少なくありませんが、基本的に性病科に行けば間違いないでしょう。近くにない場合は泌尿器科や婦人科など、臨機応変な対応をとって適切な病院選びをしてください。
パートナーや家族も同じ症状があらわれている場合は一緒に受診することを検討するかもしれませんが、年齢や性別で受診するべき科が異なることに注意しておくことが大切です。正しく受診する医療機関を選んで、早く治療を行うことができるようしてください。