• ホーム
  • 妊娠中の検査には性病も含まれるので感染していたのなら治療してもらえる!

妊娠中の検査には性病も含まれるので感染していたのなら治療してもらえる!

妊娠中にも性病に感染してしまう恐れがあると意識していない人は多いですが、お腹に赤ちゃんがいるときに性感染症を患ってしまうとさまざまなリスクを背負うことになってしまいます。きちんと治療しないまま放置しておくと流産や死産などの原因となったり、出産することができても生まれたときから赤ちゃんが病気を患っていたりする可能性があるのです。このような危険を避けるためにも妊娠中でも性病になることを理解して、しっかりと検査をしてもらうことが大切だと言えます。妊娠している人が受けられる妊婦検診のなかには性病の検査も含まれており、病気の感染が発覚したときには適切な治療を受けることができるので、しっかりと検査を受けるようにしてください。

妊婦検診の大切さを知っている人は多いと思いますが、妊娠中に性病になることの危険性を軽視している人は少なくないです。もしも出産前に性感染症を患っていることが発覚すると、妊娠している人でも問題ない治療薬を用いて治療を進めたり、場合によっては出産方法を帝王切開に切り替えなければならなかったりします。仮に性感染症になっていたとしても治療すれば問題ないと楽観的に考えている人もいるかもしれませんが、妊娠しているときは服用できる薬が限られていたり、帝王切開を行うのであれば準備が必要となったりするので、もしも病気であるなら早めに対策を考えなければなりません。

妊娠しているときに妊婦検査を蔑ろにする人は少ないと思いますが、これを行うことによって性病に感染している場合は適切な治療を受けられます。特に症状が感じられない場合などは放置しておいても問題ないと思ってしまう人が少なくありませんが、母体が性病を患っていると出産するときに赤ちゃんが産道を通ったときに母子感染を引き起こすことがあるのです。

性病の症状が感じられなかった場合でも母子感染によってその病気に感染した赤ちゃんは重篤な症状を引き起こすこともあり、性感染症を患った状態での出産は非常に危険なことだと言えます。このような危険を避けるためにも妊娠中の検査は積極的に行うようにして、もしも病気であることが発覚したときには適切な治療を受けられるようにしてください。

性感染症は大人だけが感染するものだと勘違いする人も多いですが、母体から赤ちゃんに感染することがあると理解して、妊娠中は性病に気をつけたりしっかりと検査を受けたりするようにしましょう。