• ホーム
  • ヘルペスの治療薬には主に塗り薬と飲み薬の二つの種類があります

ヘルペスの治療薬には主に塗り薬と飲み薬の二つの種類があります

男性を治療する医者

ヘルペスに感染したときに個人輸入通販サイトなどを利用して治療のために薬を購入しようと考える人もいると思いますが、どのような治療薬を選べば良いのか分からずに困ってしまう人もいるはずです。医薬品を購入するのであれば、事前にヘルペスに対してどのような治療薬が効果的であるのか調べておくことが重要だと言えます。主に塗り薬と飲み薬からヘルペスの治療薬を選ぶことができますが、薬の種類によってどのような効果の違いがあるのか知っておくようにしましょう。

塗り薬は比較的症状が軽いときに用いられることが多く、これを患部に直接塗布することで治療を進めていくことになります。用法用量を守って患部に塗布するだけで症状を改善することができるという手軽さがあるだけではなく、内服薬よりも副作用を起こしにくいというメリットがあるでしょう。しかしながら症状が広い範囲にあらわれているときや、塗り薬を塗布することができないような場所に症状があらわれているとき、ヘルペスが悪化しているときなどは塗り薬が使用できなかったり、これだけでは効果が十分に得られなかったりすることがあります。

一方で、飲み薬の場合はどのような部位にヘルペスを発症している場合でも効果を得やすいというメリットがあり、用法用量を守って服用すれば悪化してしまったヘルペスでも治療することができる可能性が高いというメリットもあるのです。ですが、どの種類の治療薬に対しても言えることですが、内服薬は副作用を起こしやすいという問題があります。ヘルペスの治療薬の場合も塗り薬より飲み薬のほうが副作用を起こしやすい傾向があるので、軽度のヘルペスであれば塗り薬を使ったほうが良いと言えるでしょう。

ヘルペスに効果のある抗ウイルス薬には塗り薬と飲み薬といった異なる種類の薬がありますが、それぞれに特徴があるので自分に適している種類を選択することが大切です。病院で処方してもらう場合は医師が適切な種類の治療薬を選んでくれますが、自分で購入する場合は適切なものを選ぶことができるようにしておいてください。症状の進行具合や範囲、感染部位などによって選択するべき治療薬は異なってくるので、まずはそれぞれの治療薬の特徴を学ぶことからはじめることが必要となります。適切なものを選ぶことができなければ治療薬の効果を十分に得ることができないので、正しい薬選びを行って症状を改善することができるようにしておきましょう。