• ホーム
  • ヘルペスの原因はウイルスなので免疫力が下がったときに発症しやすい!

ヘルペスの原因はウイルスなので免疫力が下がったときに発症しやすい!

悩んでいる男性

なぜヘルペスを発症してしまうのかを知らない人は多いですが、感染を予防するためにも発症してしまう原因を理解しておくことはとても大切です。この病気は単純ヘルペスウイルスというウイルスが原因で発症しますが、ウイルス性の病気は免疫力が下がっているときに発症しやすいという特徴があります。ヘルペスについても同じことが言えるので、免疫力が低いときにウイルスに接触してしまう機会があるとこの病気を発症しやくなるでしょう。病気になりたくないと考えるのであれば、免疫力が下がっているときにどのような行為で感染してしまうかをチェックしておくと良いです。

ヘルペスは口唇や性器に症状があらわれることが多いですが、コンドームを使わずに行った性行為で感染することも少なくありません。感染者と性行為を行ったときにコンドームを着用せずに挿入したことが原因で感染することもありますが、感染者の皮膚にウイルスが存在していると挿入を伴わない行為でも病気をもらってしまう可能性があるので注意が必要です。性行為以外では食器やタオルの共用、ほおずりなどでも感染する可能性があると指摘されているので、家族やパートナーなど親しい間柄の人がヘルペスを患っているときは感染に注意しなければなりません。とくに抵抗力が低いときは病気がうつりやすくなってしまうので気をつけてください。

性行為や接触、タオルや食器の共用で感染することが多いですが、免疫力が低いときはこれらの行為で簡単にヘルペスを発症してしまう可能性があります。同じように生活している家族で特定の人だけが感染してしまうということもあり、その場合は感染してしまった人の免疫力が弱かった可能性が高いと言えるでしょう。同じ行為を行ったとしても免疫力が低下しているときであれば簡単に体内にウイルスが入り込んでしまうので、ヘルペスの原因ウイルスが体内に侵入しないように日頃から抵抗力を高めるようにしておくことが大切です。

ほかの病気でも同じことが言えますが、ウイルス性の病気は免疫力が低下しているときに発症しやすいという傾向があります。ウイルス性の病気であるヘルペスも同様に免疫機能が低下しているときに感染しやすくなってしまうので、身体が弱っているときには特に発症しないように注意しておきましょう。また、普段から適度な運動やバランスの良い食事、規則正しい生活などを心がけることによって免疫力を高めておくことが重要です。